happy weekendのブログ

読んだものの記録

鯛野ニッケ「毎日、ふたり日和」

こんちゃ。

久々に更新します。

 

やっと金曜日ですね!

みな様、土日は休めそうですか?

涼しくなって体調崩しやすいので

なんとしてでも休みましょう( `・ω・´)グッ

 

今回は、こちら。

鯛野ニッケ先生の「毎日、ふたり日和」

「まもの」が棲む、とある不思議な町。
そこに暮らす、高校生のたくまとまいは幼なじみ。
見た目も性格も凸凹な二人だけど、小さい頃からいつも一緒。
でも最近、「まもの」にちょっとHないたずらをされている、まいを見たたくまは…。
助けなきゃと思いつつも、その様をもっと見ていたい自分がいて――……
「こんなの最低。…もう、まいくんの側にいられない」

 

このお話し、ちょっとファンタジー的な感じかと思いきや

「まもの」さんもそんな気にならず読めました。

というか「まもの」さんが、いい仕事してました。

 

もちろんLOVEするんですが、

なによりも、ストーリーが秀逸です。

 

「たくま」の状況とか気持ちとか

ちょっと切なくて悲しくて寂しい場面も多いんですが、

そこは「まい」の強さで

ずーん(´;ω;`) とならずに読めました。

 

「まもの」さんも

ほんとに上手く使われていて、

でも決して2人より前に出ず

すごいなぁ!上手いなぁ!

と感動してしまいました。

 

「まもの」さんにイタズラされる場面も

めっちゃ良いっす。

「まい」くん可愛い、、可愛すぎます、、!!

ごちそうさまです!!って感じです。

 

ほんで、それを見てる「たくま」。

分かんで?お前の気持ち。

メーン、アイ、フィール ユー。

 

それもイタズラの場所が、場所が、、

コ・タ・ツ

図・書・館

ト・イ・レ

最高かよ。

 

終盤は「たくま」のおばあちゃんが

泣かせてくれるし、

私の好きな

タツでイチャコラいっぱいあるし、

最高でした!

 

ちなみに、こちら大格差ラブなるジャンル?なのかな?

抱えられてトイレ連れてってもらうとことか、

タツで抱っこされながら

マンガ読んでるとことかその後おっぱじまるよ♪

「たくま」にすっぽり収まってるのが

めーっちゃ萌えますた。

 

ぜひ、幼なじみモノや大格差モノが

お好きな方は読んでみてくださいませ。

 

では!