happy weekendのブログ

読んだものの記録

座裏屋蘭丸『リカー&シガレット』

こんちゃ。

 

最近ピクニックへ行ったのですが

アスレチックではしゃぎすぎて

全身筋肉痛です。

 

 

はい、今回は

座裏屋蘭丸先生の「リカー&シガレット」

お向かい同士で店を構える酒屋のテオとタバコ屋のカミロ。
二人は幼馴染みだが、カミロが自分に特別な想いを寄せていることをテオは知っていた。
テオもカミロを意識していたが、それが恋愛感情からくるものなのかどうかわからずにいた。
そんな時、カミロに「お試しでいいから付き合ってみない?」と提案され、迷いながらもテオは受け入れる。
その後、情熱的なキスをされたり優しく愛撫されたり、今までと違う雄の顔を見せるカミロにテオは…?

 これ少し前に読んだ作品ですが

私の中では2018年上半期ナンバー1です!

 

先生の描く世界観

めっちゃ良いですよね?!

 

本当に美しいです。

日本じゃないどっかラテン系の国だったり、

褐色イケメン達も

超絶、超超絶、超超超絶タイプです。

f:id:happyweekend:20181017173655j:plain

 

 

蘭丸先生の本は

ほとんど読んでいるのですが、

今回の「リカー&シガレット」は

ヘビーな生い立ちだったり

しんどいシーンが無く

終始ニヤニヤが止まらず

読み終わったあとの幸福感ハンパないす。

 

 

何年もテオに片思いしてる攻めの「カミロ」

この子めっちゃセクシーなんです。

落ち着いてるんだけど、時折みせる表情が切ない(´;ω;`)

 

ウェーブがかった黒髪からは

グレープフルーツの匂いがするんて(テオ談)

 

そんなシャンプーめっちゃ良いやん!

欲しい!

 

 

そんで、私の大好物な褐色受け「テオ」

幼なじみカミロに対して変な気持ちを感じてて

この気持ちはなんなんや?!とひとり悶々としてらっしゃる。

 

もう途中から、あんたカミロのこと好きなんやで。って

つっこんでました。

 

そう、このお話は

そんな2人が 合体!するまでを

ゆーーーーっくり焦らされながら見守る

というストーリーになっております。

f:id:happyweekend:20181017174628j:plain

 

・焦らしその1

酔って帰ってきた「テオ」。

カミロが出てきて

「試しでいいから付き合ってみない?」

と提案します。

そんなっ!と拒否するものの

「試してみて無理だったときは全部お酒のせいにすればいいよ」

と、2人はキッスゥゥゥゥ( ˘ ³˘)♥

 

おぉぉおー!( ✧Д✧)

と思いきや

チュンチュン。次の日の朝です。

 

カミロのパンツを穿いて

目を覚ましたテオ。

 

パンツ着替えさせたよ

あそこグチョグチョだったから拭いといたよとカミロ。

 

 

おーい!

そのシーン見せてくれよぉぉぉぉー!

 

くそぅ。。。ρ(тωт`)

 

 

・焦らしその2

みんなでランチ食べて

酔いつぶれて寝ちゃった「テオ」。

気づいたらカミロのベッド。

 

ここまで運んだご褒美ってことで

チュッチュッ♥

チュッチュッ♥

チュッチュッ♥

 

「テオのおっきしちゃったね」

 

なななんというパワーワード(๑ʘ∆ʘ๑)

と思いきや

チュンチュン。次の日の朝です。

 

またもやカミロのパンツを

穿いて目覚めます。

 

くっ、くっ、、くそぅ。。ρ(тωт`)

 

 

・焦らしその3

ワインで酒飲み特訓。

目標は3杯!

もし潰れたら「ペッティング」していい?とカミロ。

 

ペペペペペッティング?!

久しぶりに聞きました。

なんかすごくこの単語照れるのですが。。

 

いわゆるA・B・Cの「B」のことでしょうか。

 

 

それから、まぁ案の定潰れますよね

ソファの上でカミロに起こされる「テオ」。

 

この時のテオの半裸がまた美しいっ!!

キス描写もそうなんですが、ほんとに綺麗でエロい。

 

ささ、カミロお待ちかねの

ペッティングタイムの

始まり~

 

いい感じになってきたところで、

言うても若い男の子やで?「カミロ」も。

 

我慢できずにちょっと先に進みそうに

なっちゃうんです。

 

 やっと来た!3度めの正直!

と思いきや、 

ビビった「テオ」は

拒否。

 

まぁ、、分からんでもないけどね、、。

 カミロ切なす。

 

 

いやー

じわじわ具合と言い

ニヤニヤが止まんねぇわー

 

 

この後もじわじわプレイが続き

のちに 無事合体!するのですが、

そこはNOネタバレでお読みいただきたいです٩꒰。•◡•。꒱۶ 

 

ほんと幸せな気分に包まれます。

周りの友人たちも

いい奴ばっかり( ・◡・ )

 

「カミロ」頑張りましたね。

初恋が実ってよかったね。

ちょっとだけ、じーんときちゃいました。

 

今の季節にもちょうど良いんじゃないでしょうか。

ぜひ読んでみてくださいまし。

 

では。

 

 

鯛野ニッケ「毎日、ふたり日和」

こんちゃ。

久々に更新します。

 

やっと金曜日ですね!

みな様、土日は休めそうですか?

涼しくなって体調崩しやすいので

なんとしてでも休みましょう( `・ω・´)グッ

 

今回は、こちら。

鯛野ニッケ先生の「毎日、ふたり日和」

「まもの」が棲む、とある不思議な町。
そこに暮らす、高校生のたくまとまいは幼なじみ。
見た目も性格も凸凹な二人だけど、小さい頃からいつも一緒。
でも最近、「まもの」にちょっとHないたずらをされている、まいを見たたくまは…。
助けなきゃと思いつつも、その様をもっと見ていたい自分がいて――……
「こんなの最低。…もう、まいくんの側にいられない」

 

このお話し、ちょっとファンタジー的な感じかと思いきや

「まもの」さんもそんな気にならず読めました。

というか「まもの」さんが、いい仕事してました。

 

もちろんLOVEするんですが、

なによりも、ストーリーが秀逸です。

 

「たくま」の状況とか気持ちとか

ちょっと切なくて悲しくて寂しい場面も多いんですが、

そこは「まい」の強さで

ずーん(´;ω;`) とならずに読めました。

 

「まもの」さんも

ほんとに上手く使われていて、

でも決して2人より前に出ず

すごいなぁ!上手いなぁ!

と感動してしまいました。

 

「まもの」さんにイタズラされる場面も

めっちゃ良いっす。

「まい」くん可愛い、、可愛すぎます、、!!

ごちそうさまです!!って感じです。

 

ほんで、それを見てる「たくま」。

分かんで?お前の気持ち。

メーン、アイ、フィール ユー。

 

それもイタズラの場所が、場所が、、

コ・タ・ツ

図・書・館

ト・イ・レ

最高かよ。

 

終盤は「たくま」のおばあちゃんが

泣かせてくれるし、

私の好きな

タツでイチャコラいっぱいあるし、

最高でした!

 

ちなみに、こちら大格差ラブなるジャンル?なのかな?

抱えられてトイレ連れてってもらうとことか、

タツで抱っこされながら

マンガ読んでるとことかその後おっぱじまるよ♪

「たくま」にすっぽり収まってるのが

めーっちゃ萌えますた。

 

ぜひ、幼なじみモノや大格差モノが

お好きな方は読んでみてくださいませ。

 

では!

安西リカ「好きで、好きで」

こんちゃ。

 スーパーガール見ながら書いてます。

海外ドラマ面白いですねー。

 

BLに海外ドラマに、

仕事終わってからじゃ時間が足りないィィィィィィ!

なんで最近は寝不足続いてますo´・ε・`o

 

さて今日は、マンガではなくBL小説です。

安西リカ先生の「好きで、好きで」

 

ストーリーは、付き合って10年になるカップルのお話しです。

エリート銀行員の志方編集者の穂木

ある日、志方が海外研修の話しを断っていたことを知ります。

自分が志方の将来を潰してしまっているのでは、と悩み始めた穂木は・・・

って感じで進んでいきます。

 

私コレ、もう最初の3行で泣いてしまいました!

なんて切ない・・・切なすぎます・・・!!

好きだから手放さなきゃなんて・・・。

 

もう既に10年付き合っている設定なので、

馴れ初め的な部分はさらっとしか書かれていません。

その辺がしっかり読みたい方には不向きかもしれませんが、

私は全然問題なかったです。

むしろ、10年付き合ったゲイカップルの現実を

やけにリアルに感じました。

 

会社でずっと独身の人がいるか聞いたり。

子供が好きな一面を見た時に切なくなったり。

 

現実にもありそうな設定が

余計に切なさ増し増しです。

 

お互い想いを素直に言い合うタイプじゃないので

まぁすれ違う、すれ違う。

そこに当て馬的存在の「アビコさん」などなど。

「アビコさん」チャラいんですけど、

大事な時にはいい仕事します。

 

別れを決めてから、告げるまでのシーンは

本当に大っっ号泣でした!!!

号泣も号泣、涙ってこんなに出るんですかーってくらい

泣きながら読み進めてました。

 

これは現実でも経験がある方いらっしゃると思うのですが、

私はあります(遠い目)

穂木が別れを告げた後に思い出の場所に行くんですね。

そこで色々思い出すんですけど、

もう書き方が上手い!何様

先生ーもう私を泣かさないでー。って感じです。

 

付き合って10年のカップルですけど

終始初々しいです。

総じてピュアです。

ぜひぜひ次の日がお休みの時にお読みください。

泣きすぎて目が腫れますので!

 

では。

麻生海「ままならないもんで」

こにゃにゃちは。

今日は連休最終日ですねー。

私はどこへも行かず、部屋からも出ず

このブログをベッドの上からお届けしています。

 

今日書くのは、ちょっと前に読んだ

麻生海先生の「ままならないもんで」1巻・2巻

 

ストーリーは、流されやすく優柔不断な介護職員の受けの子

仕事で疲れているところに研修医の幼なじみちょっかいを出し

「まぁ嫌じゃ無いし。。」的なノリで受け入れちゃうんですね。

 

それを聞いて、もう1人の幼なじみイケメン妻子持ちが出てきて

「え?男いけたん。。俺好きだったのに。。じゃあ。。」的な感じで

ストーリーが展開していきます。

ちなみに、幼なじみは全部で5人登場するんですが

そのうちの3人がメインですね。

 

私の語彙力が発展途上のため

いや、今回ストーリー説明するところで何回も書き直しました。

はぁー説明むず(。-_-。)

 

んで、読んだ感想は

コレめちゃくちゃ好きでした!

以外にもこの作品、あんまりレビュー高くないんすよね。

個人的には、感情の描写というのかな?がリアルで良いなぁと思っちゃいました。

 

私の勝手な感覚なんですが、

いわゆる「ノンケ」っていないんじゃないかなー?と思っていて

男も女も、結構いとも簡単に「バイセクシャル」になってしまう生き物だと思っているので、

この作品はその辺がリアルに感じてすごく良かったです。

 

私の周りにも、普通に結婚してお子さんもいたけど途中からゲイになった方も

いますしねー。

 

ちょと話しがずれちゃったんですが、

受けの子が終始淡々としていて煮え切らなかったり何を考えているのか

分からない描写が多々あるのでちょいちょいイライラはしますが、

最後は満足感ありました!

 

連休で久々にたくさん乱読できたんで

また明日も書きたいと思います。

 

では。

鳩屋タマ「両手に花じゃダメですか?」

こんばんは。

田舎は今夜も星がキレイです。

 

世の中、3連休とのこと。

こちら持ち帰った仕事しつつ社畜バンザイ

ちょいちょいBLタイム挟んで癒されてます。

 

んで記念すべき1冊目は何にしようかなぁと悩んでいたのですが

沢山ありすぎるのと書く前にもう1度読み返したかったので、

今回はとりあえずBLタイムに読んだものを書きます。

 

鳩屋タマ先生の「両手に花じゃダメですか?」

 

ストーリーは、幼馴染の主人公を双子の兄弟が取り合うっていう

結構読んだことあるような感じなんですが、

なんせ私は先生の絵がタイプ。

もう可愛いです。とくにこの主人公が可愛い。

前作の「猫とスピカ」もそうなんですが、

とにかく受けの子が本当に可愛いんですよねーいつも。

んでいい感じに貞操観念ゆるかったりするので

はい、また可愛い。

 

今回は攻めが双子だったので

そちらも3人でだったり、1人ずつテレコでだったり。

私、複数ってあまり好きじゃないんですが

絵が好みだと読めますねぇ!

 

溺愛する双子の兄弟と天使級な可愛さの受けちゃん

ただただエロくて可愛くて満足でした。

すけべって最高やで!

 

ちなみに、まるっと1冊このお話じゃなく

あと2つお話が入っています。

表題作以外の2つもめっちゃ良かったです。

・店長×バイト君

・リーマン同士

です。

個人的にはリーマンBL大好物なので、この2人の続きが読んでみたいなー

と思いました。

 

「猫とスピカ」で大ファンになって

先生の本を読むのはこれで2作目で、

まだまだ私の掘り下げ学習が足りず

過去の作品を読み漁れてないので

時間ができたら是非とも乱読したいと思っています!

 

では。

はじめまして、自己紹介いたします。

はじめまして、おはこんにちは。

 

本好きからの、最近ではBLというジャンルに目覚め、急激に腐りはじめた田舎の社畜です。

ここには記録も兼ねて、読んだものの感想をちょいちょい書いていこうと思っています。

 

BLにハマって1年くらいで、今はいろんなものを乱読しているところでして

もうそれ超有名だよ。今それ?みたいなタイミングで

古いものが出てくると思うのですが、

そこは腐りかけのピカピカの1年生が成長していく過程を

温かく見守っていただけると嬉しいです。

 

ちなみに、BLは今のところ配信で読んでいます。

使っているサイトは、主にRenta!・シーモア楽天koboです。

そのうちにきっと紙に手を出してしまうだろうなぁと感じている今日この頃です。

 

最後に、やはり感想はネタバレになってしまいますので

未読の方はご注意くださいませ。